出張先での夫の不倫が発覚。証拠を得るため東京都での調査を実施。 | 石川県金沢市・富山県・福井県で浮気・不倫調査なら探偵オーウェル
   

EXAMPLE    

公開日:
更新日:

出張先での夫の不倫が発覚。証拠を得るため東京都での調査を実施。

依頼者情報:石川県 20代女性

依頼目的 夫が特定の女性と出張先で接触することがわかったので、不倫調査してほしい
必要証拠 不貞行為の証拠
調査期間 2週間
調査方法 行動調査及び現場での証拠収集
調査費用 290,000円(税抜)

依頼内容

依頼者の女性は、夫が特定の女性と不倫関係にあることを確信し、調査を依頼してきました。

ある日、依頼者様が何気なく対象者のスマートフォンを見てみると、特定の女性とのLINEのやり取りが目に留まったそうです。
その内容は、2人が親密な関係であることを想起させるもので、相手の女性が対象者と同じ会社に勤めていることもわかりました。

対象者自身は石川県内に勤めていますが、本社が東京都にあり、そちらに出張する機会もたびたびありました。
対象者と女性のやり取りを確認すると、次回の出張時に2人が接触するとわかったので、事実確認のために弊社への相談を決めたそうです。

調査内容

依頼者様の情報によると、対象者は今回の出張で、会社主催のコンペへの参加を予定しており、東京都には2泊3日滞在します。
出張の日程や宿泊するホテルは把握できていたため、そのタイミングを狙って対象者の行動調査を行う運びとなりました。

出張当日、対象者は新幹線で石川県を出発し東京都へと向かいました。
東京都に到着後は本社へと立ち寄り、夕方ごろに宿泊予定のホテルの前に現れます。
現れた対象者の横には、不倫相手と思われる女性の姿がありました。

宿泊したホテルは、ラブホテルではなく一般的なシティホテルです。
職場の人間と同じホテルに宿泊すること自体は、なんの問題ありません。
しかし、ホテルの中に入った2人を追跡した結果、同じ部屋に宿泊している事実が判明したのです。
調査員は2人が部屋に出入りする様子を撮影し、不倫の確固たる証拠を押さえることに成功しました。

翌朝4時ごろに2人はホテルをあとにし、コンペの会場へと赴きます。
ちなみに、2人が宿泊したホテルには職場の同僚と思われる女性が迎えに来ており、この女性は2人の関係を知っている様子でした。

コンペが終了すると、対象者は打ち上げに参加するため、1人で飲食店に立ち寄りました。
本来であれば、この時点で調査を終了する予定でしたが、相手の女性と再び接触する可能性があったため、調査の続行を決定します。
ところが、この日は打ち上げのあと、対象者は1人でホテルに戻り、相手の女性と夜を過ごすことはありませんでした。

出張の日程が終わってからは、相手の女性に対して身元確認調査を行いました。
大方の予想通り、相手の女性は対象者の出張先である東京本社に勤めており、しかも対象者と同じく既婚だったとわかります。
相手の身元が判明したところで、一旦調査を終了し、依頼者様に事の顛末を報告しました。

調査後対応

本来であれば、不倫による慰謝料を請求するには、継続的な不貞行為の証拠が望まれます。
法廷で争った際は、1回分の証拠のみでは継続した不貞行為が認められなかったり、慰謝料が極端に少ない額になったりするおそれがあるためです。

今回は1回分の証拠しか押さえていないため、弊社から調査の継続をご提案しました。
しかし、予算の都合や依頼者様の精神的負担を考慮し、最終的に1回分の証拠で慰謝料を請求することになりました。

今回のように不倫相手が遠方におり、接触頻度が少ないケースを除き、弊社では十分な証拠を得るまで調査を続けるというお約束で、契約を交わします。
通常の依頼であれば、基本的に複数回分の証拠を押さえるので、ご安心ください。

今回は弊社が紹介した弁護士から、相手の女性に慰謝料を請求した際、不倫関係を認めたため、交渉がもつれることはありませんでした。

なお、依頼者様は弊社にご相談された時点では、対象者との離婚を考えていたようですが、話し合いの結果、お子さまへの影響を考え、踏みとどまったと伺っています。

まとめ

今回の事例では、弊社の不倫調査としては珍しく、1回分の不貞行為の証拠のみで慰謝料請求を行いました。
このようなイレギュラーなケースでも、弊社は依頼者のご希望に沿うことを第一に考え、臨機応変に対応いたします。

提携する弁護士事務所の紹介など、多くのアフターサポートも行っているため、初めての方でも安心してご相談ください。
北陸3県以外からのご依頼、遠方への調査などもお待ちしております。

 

石川県で格安の探偵ならオーウェル