不倫の平均期間は何年?長引くほど高まるリスクを解説
   

BLOG    

不倫の平均期間は何年?長引くほど高まるリスクを解説

 

スマートフォンやインターネットの普及により、より暴きやすくなった反面、道を踏み外しやすくもなった現代。本記事では、不倫の平均期間について、さまざまな角度から解説していきます。

 

「不倫関係は平均して何年続く?」
「不倫関係が長期化する原因やリスクは? 」
「不倫が終わるきっかけや清算するにはどうすれば良いか知りたい」

 

自身が未婚者である場合の関係の立ち切り方も解説しているので、不倫や浮気について悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

不倫関係、平均して何年続く?

不倫の平均期間は一般的に1年程度といわれています。
株式会社カケコムが不倫経験者100人に行った調査によると、もっとも多かったのは1~3年の範囲であり、その割合は24%でした。
また、3年以上継続して不倫をしているケースは1割程度とされています。

 

これらの結果から、不倫関係は長く続くケースもあれば、比較的短期間で終わることもあることがわかります。
ただし、個々の関係や状況によって異なるため、一概にはいえません。

 

不倫が長期化する原因

次に、不倫が長期化する原因を解説していきます。
とくに多くみられる原因は、以下の3つです。

  • 優柔不断な性格
  • たまにしか会えない
  • 理性的につきあえる

それぞれご参考ください。

 

優柔不断な性格

不倫が長期化してしまう原因のひとつに、優柔不断な性格であることが挙げられます。優柔不断な人は、決断を下すことが苦手で、ほかの選択肢や安定性の欠如に引っ張らてしまいがちです。

 

不倫は道徳的なジレンマや複雑な感情を伴うことが多く、優柔不断な人はそのなかで決断を下すことが難しくなります。結果的に不倫関係を継続することになり、時間の経過とともに深みにはまってしまうおそれがあります。

 

優柔不断な性格は、自己管理能力や道義的な判断力の欠如とも関連しており、倫理的観点からも問題があるといえます。

 

たまにしか会えない

不倫関係は秘密裏に行われることが多いため、定期的に会うことが難しくなります
とくに、仮設的な関係や遠距離関係の場合、相手と接触する機会が限られていることから、感情の高まりや欲求不満が長期化しやすくなるでしょう。

 

感情や欲求が高まる一方で、会えない間の我慢や寂しさなどといったネガティブな感情も経験します。このジレンマに折り合いをつけることができない場合も、不倫関係が長引いてしまうことにつながります。

 

理性的につきあえる

「理性的につきあえる」という要素もまた、不倫が長期化する原因のひとつとして挙げられます。

 

不倫関係は、社会的に許される行為ではなく、倫理的にも問題のある行為です。それを不倫関係にあるお互いが理解している場合、だからこそ感情的な浮き沈みや恋愛に関わる葛藤をある程度飲み込みやすく、「割り切った関係」が築きやすいのです。

 

逆説的に、長期的な不倫関係を維持できる人は、元々理性的な考え方や行動を取れる人に限られるという見方もできるでしょう。
彼らは不倫関係のリスクや倫理的な問題を冷静に考慮して、それに基づいて行動します。感情の爆発や衝動的な行動を抑えられるため、不倫関係が続いてしまうのです。

 

感情に衝動的で理性的につきあえない人は、不倫の罪悪感や後悔によって関係を終わらせることが多いという見方もあります。しかし、前述した通り、優柔不断な性格で関係が続いてしまったり、不倫相手と接触する機会が少ないことで感情が高まってしまうといったこともあります。

 

不倫関係が長期化するリスク

ここからは、不倫関係が長期化するリスクについて解説していきます。
主なリスクは、以下の5つです。

  • 慰謝料を請求される
  • 社会的信用を失う
  • 婚期を逃す
  • 妊娠の可能性が高まる
  • ストレスでうつ状態になる

それぞれ見ていきましょう。

 

慰謝料を請求される

不倫関係が長期化することのリスクとして、「慰謝料を請求される」ということが挙げられます。

 

不倫は、結婚やパートナーシップの関係を裏切る行為であり、不倫された側は精神的な苦痛を受けます。このような場合、被害者は法的手段を用いて慰謝料を要求することができます。慰謝料は、相手の不貞行為によって被害を受けたと主張することによって支払われる金銭です。

 

不倫関係が長期化すればするほど、被害者の苦痛やダメージも大きくなる可能性があり、慰謝料の請求額も増える可能性があるでしょう。

 

社会的信用を失う

不倫関係が長期化すればするほどに、社会的信用を失う可能性が高まります
不倫は道徳的に問題がある行為であり、周囲からの非難や嫌悪の対象となる可能性があります。不倫が公になれば、信頼関係や人間関係に悪影響を及ぼすことがあるでしょう。

 

また、不倫の噂が広まれば、個人の評判や人生への影響も懸念されます。
社会的信用は長年築いてきたものであり、不倫行為が明るみに出れば、その信用は傷つく可能性が高いでしょう。したがって、不倫を長期化させることは、社会的な信用を失い、生活やキャリアに大きな影響を及ぼすリスクがあるのです。

 

関連記事:不倫は何罪に問われる?不法行為や不貞行為の概要とともに紹介

 

婚期を逃す

不倫関係が長く続くことで、将来自分が結婚したり、再婚したりすることが困難になる可能性が高まります

 

また、不倫関係が公になっている場合、新たなパートナー候補や家族、友人、職場の同僚などといった周囲の人々からの信頼や興味を失い、結婚・再婚することが難しくなるでしょう。

 

長期的な不倫関係は、結婚に向けたチャンスを逃す可能性があります。将来を考えるのであれば、慎重になる必要があります。

 

妊娠の可能性が高まる

不倫関係が長期化すると、「自分あるいは不倫相手の妊娠の確率が高まる」というリスクもあります。

 

不倫によって性交渉の頻度が増えれば、妊娠する可能性も高まります。とくに、避妊方法や性交渉のルールを守らなかった場合、妊娠する可能性はさらに高まります。

 

不倫関係が公になれば、妊娠の事実も明るみに出る可能性があり、結果的に社会的な非難や周囲の評価を受けることにもなるでしょう。

 

したがって、不倫を長期化させることは妊娠のリスクを高めて、個人や家族の生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。

 

ストレスでうつ状態になる

不倫関係が長期化すると、ストレスでうつ状態に陥る場合があります。

 

不倫は秘密の関係であり、常に隠しごとや嘘をついたり、罪悪感や心の葛藤が生じることがあります。これにより心理的なストレスが蓄積して、うつ病の症状が表れる可能性があります。

 

また、密会の時間や連絡のやり取りに消耗し、日常生活や仕事への集中力やパフォーマンスが低下することも考えられるでしょう。

 

このような状況が続くと、うつ症状が深刻化し、個人や周囲への影響が大きくなる可能性があります。
したがって、不倫を長期化させることは、心理的なストレスやうつ状態のリスクを高めることになります。

 

不倫が終わるきっかけ

次に、不倫が終わるきっかけを以下の4つに分けて解説していきます。

  • 周囲にバレた
  • 自然消滅
  • 本命ができた
  • 気持ちが冷めた

それぞれご参考ください。

 

周囲にバレた

不倫関係が終わるきっかけのひとつとして、周囲に関係がバレたことが挙げられます。
不倫は秘密を守ることが重要であり、一度バレてしまうと関係が崩壊する可能性が高まります。

 

周囲に不倫の事実が広まれば、信頼関係や社会的な評価が大きく揺らぎ、関係が持続することは難しくなるでしょう。

 

また、配偶者や家族を傷つけることになり、家庭環境や人間関係に深刻な影響を与えることもあります。

 

自然消滅

不倫が終わるきっかけのひとつに、自然消滅も挙げられます。

 

不倫関係は秘密に行われることが多く、時間の経過や状況の変化によって関係が自然消滅することがあります。一緒にいる時間や連絡の頻度が減少して、相手への興味や感情が薄れていきます。

 

また、不倫関係を続けることで問題や苦痛が増えて、そのストレスから関係が終わるといったケースもあります。

 

ただし、自然消滅しても関係が完全に終わるとは限らず、再度燃え上がってしまうこともあるため、注意が必要です。

 

本命ができた

不倫は本来、既婚者との禁じられた関係ですが、「本命」の相手が現れると、不倫相手よりもより深い感情を抱くことがあります。

 

本命の相手に対する恋愛感情が強まることで、不倫相手への関心や欲求が薄れて、不倫関係が終わることもあるでしょう。

 

また、本命との関係を選ぶことで、倫理や道義的な観点から不倫をやめる選択をすることもあります。

 

気持ちが冷めた

不倫が終わるきっかけのひとつに「単純に気持ちが冷めたこと」というケースもあります。
はじめは強い情熱や恋愛感情があった不倫関係でも、時間とともに相手への興味や愛情が薄れていく場合があります。

 

相手の欠点や問題が浮き彫りになることや、日常の喧騒や負担からくるストレスなどにより、不倫関係を冷めさせることもあるでしょう。

 

また、倫理的な面や罪悪感によって自然と距離を置くようになることもあります。
不倫が終わる際には、自身の気持ちの変化を正直に受け止める必要があります。

 

不倫関係を清算するには

最後に、不倫関係を清算するにはどうすれば良いかを解説していきます。
ここでは、例として以下の4つの方法をご紹介します。

  • 自然消滅を狙う
  • 一方的にでも関係を断ち切る
  • 趣味や仕事に打ち込む
  • 不倫ではない正当な恋愛を始める

それぞれご参考ください。

 

自然消滅を狙う

「自然消滅」は、特定の手続きや直接的な別れの言葉を交わさずに、自然と関係が終息していくことを指します。

 

この方法では、不倫関係の頻度を減らして、コミュニケーションを制限することがポイントです。相手と一緒に過ごす時間を減らして、連絡の頻度を自然に絶やしていくことで、相手との絆や関心を薄らげていきます。

 

ただし、自然消滅するには時間を要する場合もあり、一方が納得しない場合もあります。その場合はストーキングなどの新たな問題に発展するリスクがあるため、注意が必要です。

 

不倫関係を清算する際には、両者の合意を得ることや、感情的にならず冷静な対応が求められるでしょう。

 

一方的にでも関係を断ち切る

一方的にでも関係を断ち切ることもまた、不倫関係の清算方法のひとつです。これは、相手の意思とは関係なく、自分自身の意思で関係を終わらせることを意味します。

 

相手にはっきりと別れを告げるか、連絡を途絶させることで関係を終わらせます。
この方法は、自己尊重や心の健康を守るために重要ですが、相手が困惑や怒りを感じてトラブルに発展してしまうこともあるため、配慮が必要です。

 

とはいえ、不倫行為は不法行為です。断固とした姿勢で関係を終わらせましょう。

 

趣味や仕事に打ち込む

不倫関係を清算する方法のひとつとして、趣味や仕事に打ち込むことも挙げられます。
これは、自分の感情や欲求をほかの活動に向けることで、不倫関係への関心を薄らげる手法です。自分のパッションや興味を追求することで、時間やエネルギーを、自己成長や目標達成に集中できます。

 

新しい趣味やプロジェクトに取り組んだり、キャリアやスキルの向上に注力したりすることで、不倫相手との関わりを縮小させることができるでしょう。

 

ただし、これは完全な清算を保証するものではなく、関係が再燃してしまう可能性もあるため、注意が必要です。

 

不倫ではない正当な恋愛を始める

不倫関係の清算方法のひとつは「不倫ではない正当な恋愛を始めること」です。
これは、自身が未婚者で相手が既婚者の場合の策で、未婚者の相手を見つけ、新たな関係を築くことを意味します。

 

不倫関係を清算するためには、自分自身や関係に対する誠実さが不可欠です。
新しいパートナーを求める際には、相手の合意や互いの価値観の一致を重視し、信頼と誠実さを築きましょう。

 

不倫関係を清算し、正当な恋愛を始めることで、心の平穏と幸福を追求することができます

 

不倫の期間が長引くと5つものリスクがある

今回は、不倫の平均期間について解説してきました。
不倫関係は一般的に1〜3年といわれており、優柔不断な性格やたまにしか会えないことなどが原因で、長期化する傾向にあります。

 

不倫の長期化は、その分慰謝料の高額化というリスクだけでなく、その分社会的信用を失ったり、妊娠の可能性が高まったりするリスクもあります。

 

また、未婚者の場合は婚期を逃すことにもつながるでしょう。
不倫という歪な関係そのものや多様なリスクによるストレスで、うつ状態になることも少なくありません。
不倫の長期化は、デメリットばかりといえるでしょう。

 

 パートナーの不倫に困ったら専門家に相談を

もし、パートナーの不倫に直面した場合、専門家に相談することが重要です。

専門家は法律や心理学の知識を持ち、客観的な視点で支援をしてくれます。
不倫問題は感情的にも複雑なため、自身で解決するのは難しいことがあります。

専門家の助言を受け、適切な解決策や法的手続きを選ぶことで、状況をうまく乗り越えることができるでしょう。

 

石川県で格安の浮気調査・不倫調査なら探偵オーウェル

富山県で格安の浮気調査・不倫調査なら探偵オーウェル

福井県で格安の浮気調査・不倫調査なら探偵オーウェル