ストーカー被害に遭っていると感じたらとるべき対処法
   

BLOG    

ストーカー被害に遭っていると感じたらとるべき対処法

この記事では、ストーカー被害に遭っていると思った際に行うべき対処法をご紹介します。

 

ひょっとしたら、自分はストーカー被害に遭遇しているかもしれない…と思っている人はいませんか。

ストーカーの悩みは、自分だけで抱え込んでいても決して解決はしません。

 

反対に、段々と加害者の行動がエスカレートする、という可能性もあるのです。

 

本記事では、ストーカーとはどんな行為を指すのかを解説するとともに、ストーカー被害に遭遇しているかもしれない、と思った際の対処法、および、具体的なストーカー対策について、ご紹介します。

 

ストーカー被害を受けて悩んでいる人や、ストーカー対策について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

どのような行為がストーカーか

ストーカー行為とは、具体的には、以下のような「つきまとい」の行為を繰り返し行うことを指します。

 

【ストーカ行為にあたるもの】

  1. つきまとう・待ち伏せる・押しかける・うろつく
  2. 監視していると、相手に告げる
  3. 面会や交際等を相手に要求
  4. 面会や交際等を相手に要求
  5. 無言電話、電話やFAX、メールの送信等を繰り返す
  6. 汚物など不快に感じるものを送付する
  7. 名誉を傷つける言動をする
  8. 性的羞恥心を侵害する

 

1.つきまとう・待ち伏せる・押しかける・うろつく

特定の相手への尾行、つきまとい、また待ち伏せを指します。

具体的には通勤、通学途中である相手を待ち伏せする、自宅および職場、学校に押しかける、付近をウロウロする、見張る、といった行為を指しています。

 

2.監視していると、相手に告げる

相手が帰宅したタイミングで、「おかえり」と電話をかける、相手がその日はどんな服装で、何をしていたのかを相手に話すなど、「監視されているのではないか」と、相手を不安にさせる言動も、ストーカー行為です。

 

3.面会や交際等を相手に要求

相手が拒んでいるのに、交際や面会、復縁を迫る、またプレゼントを受け取るように要求することも、ストーカー行為として定義づけられます。

 

4.相手に粗野な言動を行う

相手の自宅の前で、クラクションを鳴らす、大声で叫ぶなど、相手に恐怖を与える言動も、ストーカー行為になります。

相手に「バカ野郎!」など、暴言を浴びせることも含みます。

 

5.無言電話、電話やFAX、メールの送信等を繰り返す

相手に何度も繰り返して無言電話をかけ続けることはストーカー行為に定義されます。

 

また、相手が嫌がっているのに、自宅や職場に繰り返し電話をかける、メールやFAXを送信する、SNS等に書き込むことも、ストーカー行為です。

 

6.汚物など不快に感じるものを送付する

動物の死体、汚物など、相手に嫌悪感や不快感を抱かせるものを送ることも、ストーカー行為に定義されます。

車に汚物を付着させる、などといった行為も該当します。

 

7.名誉を傷つける言動をする

相手の名誉を傷つける、もしくは中傷するような事柄を文書で届ける、インターネットに書き込む、色々な人に吹聴することも、ストーカー行為のひとつとして挙げられます。

 

8.性的羞恥心を侵害する

これは、相手の性的にはずかしめようとする言動を指します。

 

【性的羞恥心を侵害する行為】

  • 卑猥な写真を自宅および職場に送ったり、インターネットに掲載したりする
  • 手紙や電話で卑劣な言葉を投げかけ、相手をはずかしめようとする
  • 相手が望んでいないのに性的に恥ずかしい、という気持ちにさせ、精神的に不安定にさせる

 

以上があてはまります。

 

関連記事>>ストーカーになりやすい人、特徴や共通点など

 

ストーカー被害に遭っていると感じたらとるべき対処法

もし、あなたがストーカーの被害に遭っていると思ったら、そのまま放置してはいけません。

速やかに、ストーカー対策を行うことをおすすめします。

 

【ストーカー対策】

  1. 一人で行動しない
  2. 防犯グッズを携帯する
  3. 知り合いや専門機関に相談する
  4. 証拠や加害者の情報を集めておく
  5. SNSに投稿しない・過去の投稿を削除する

 

1.一人で行動しない

ストーカーの中には、相手と接触を試みる人も多くいます。

ストーカー被害に遭っている、と思った際は、できるだけ一人で行動しないよう気を付けましょう。

特に、夜道や人通りの少ない道は注意が必要です。

 

2.防犯グッズを携帯する

今は、ストーカー対策に活用できる、色々な防犯グッズが販売されています。

それらのグッズを身に着けて、自分の身を守ることが大切です。

 

3.知り合いや専門機関に相談する

ストーカー被害に遭っている、と感じときは、速やかに専門機関に相談しましょう。

 

また、たくさんの信用がおける人に相談しておくことも大切です。

 

もしも、ストーカーとの間に共通の知人が複数いる場合は、相手に面識がない人を選んで相談しましょう。

 

重要なのは、「自分がストーカーの被害を受けている、ということを、色々な人が記憶してくれている」状況にすること。

 

そうすることで、何らか危害を加えられた際には、複数の人があなたの証人となり、あなたに有利な証言をしてくれることが期待できるからです。

 

4.証拠や加害者の情報を集めておく

警察や弁護士などの専門機関に相談する際、説得力を持って訴えることができるよう、ストーカー被害の証拠となるものを、できるだけ集めておきましょう。

 

届いたメールや書き込みのスクリーンショット、送られたものなど、どんな些細なものでも証拠として保管しておくことです。

また、加害者の情報を収集しておくことも大切です。

 

相手の素性がわかっている場合は容易に情報が集まりますが、正体不明の人からストーカー行為を受けているときは、相手の特定が難しくなります。

 

そんなときは、細かいことでも構わないので、相手に関する気付きや、特定できるヒントになりそうなものを収集しておきます。

 

相手を見かけたことがある場合は、体格や顔つき、おおよその年齢をメモしておくとよいでしょう。

 

5.SNSに投稿しない・過去の投稿を削除する

ストーカーは、対象者の情報をSNSから入手する、といわれています。

そのため、SNSの利用を可能な限り控えるのは、有効なストーカー対策といえるでしょう。

 

ストーカーは、情報を集めるために、なりすましアカウントなどを使うケースもあります。

 

できれば、アカウントを削除することがおすすめです。

 

ストーカー被害に遭わないための方法

ストーカー被害に遭遇しないためには、常に警戒心を持っておくことが大切です。

仲良くなった人とどんどん距離を縮めたい、もっと親密になりたい…と思うのは当然のことですが、そこはぐっと我慢して慎重に行動しましょう。

 

少しでも怪しいと思ったらすぐに距離をとれる、それくらいの警戒心を持っておくことが、ストーカーの被害に遭遇しないためのポイントです。

 

 

迷ったら探偵事務所がオススメ

いかがでしたでしょうか?

 

この記事を読んでいただくことで、ストーカー対策についてご理解いただけたと思います。

ストーカー問題は、決して一人では解決できません。

 

しかし、確たる証拠がないと、警察もなかなか腰を上げてくれないのが現状です。

そこで、おすすめしたいのが探偵事務所です。

 

探偵事務所では、ストーカーの調査および証拠や加害者の情報収集も行っています。

証拠が揃えば警察への被害届提出もスムーズです。

ストーカー被害に悩んだときは、探偵事務所に相談してみるのがおすすめです。

 

北陸総合興信所オーウェルでは、北陸3県で浮気・不倫調査や人探し、身元・身辺調査を承っております。
業界トップレベルの調査力と適切な料金、徹底したアフターサービスでお客様のお悩みを解決いたします。

24時間365日無料でご相談を受け付けておりますので、些細なお悩みもお気軽にご相談下さい。

 

石川県金沢市での浮気・不倫調査なら探偵オーウェル

福井県での浮気・不倫調査なら探偵オーウェル

富山県での浮気・不倫調査なら探偵オーウェル